現在の位置

ひとり親家庭等医療費助成事業

20歳未満の児童がいるひとり親家庭で、所得税が非課税の世帯に対し、保護者及び児童の医療費を助成します。

対象となる費用は、保険診療分の自己負担額で、入院時の食事療養費は含みません。また、こども医療費助成事業の対象者(高校生相当年齢の児童)については、こども医療費が優先となります。

助成の受け方

受給者証を提示した場合(自動償還払い)

県内の医療機関で受診した場合、受給者証を提示することで、診療のたびに手続することなく助成が受けられます。この場合、診療の2カ月ほど後に、指定口座に町から医療費が振り込まれます。

受給者証を提示しなかった場合(償還払い)

県外の医療機関で受診した場合や、県内であっても受給者証を提示しなかった場合などは、助成を受けるために申請が必要になります。

診療日から1年以内に、領収書を添付のうえ、ひとり親家庭等医療費助成金支給申請書(Wordファイル:45.5KB)を提出してください。

受給者証の交付申請

受給者証の交付を希望する場合は、ひとり親家庭等医療費助成金受給者証交付(更新)申請書(Wordファイル:53.5KB)に、

1.受給資格者(児童を含む)全員の保険証の写し

2.助成金の振込先口座の口座番号等がわかるものの写し(ゆうちょ銀行を除く)

3.申請者及び同居親族(児童の祖父母等)の、前年(1月から6月に申請する場合は前々年)分の所得税額がわかるもの(源泉徴収票の写しなど)

※3については、申請日が属する年(1月から6月に申請する場合はその前の年)の1月1日時点において当町にお住まいだった方の分は必要ありません。

を添付して、こども未来課に提出してください。申請者及び同居親族の所得状況等を審査し、助成対象であると認められた場合には、受給者証を郵送します。

所得制限について

医療費の助成は、申請者及び同居親族(申請者の直系血族及び兄弟姉妹)の前年分の所得税が非課税でない場合、翌年(1月から6月に申請する場合はその年)の6月30日まで助成が停止されます。

ただし、16歳未満の扶養親族がいる場合、所得税の計算上は扶養控除の適用はありませんが、この制度においては、扶養控除があるものとみなして計算することができます。

受給者証の更新申請

受給者証には有効期間が設定されており、原則として各年の6月30日で有効期間が満了となります。

対象者には町から案内が出されるので、期間内に手続きをしてください。更新の手続きがされない場合、医療費の助成は停止されます。

この記事に関するお問い合わせ先

こども未来課 子育て支援チーム

〒411-8668
静岡県駿東郡長泉町中土狩828
電話番号:055-989-5573 ファックス :055-989-5993


お問い合わせはこちらから

更新日:2021年07月15日