現在の位置

認知症初期集中支援チーム

認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けられるよう、認知症の人やその家族に早期に関わる「認知症初期集中支援チーム」を社会福祉協議会に設置しました。

認知症初期集中支援チームとは

認知症初期集中支援チームは、医師および医療と介護の専門職からなり、認知症が疑われる方や認知症で適切な医療や介護のサービスを利用できていない方に対し支援をします。対象の方を訪問し、適切なサービスが利用できるよう、6か月を目安に集中的にサポートします。

認知症初期集中支援チームは地域包括支援センターから連絡を受けてかかりつけ医や専門医と連携する

対象者

ご自宅で生活をしている40歳以上の認知症が疑われる方または認知症の方で、次のいずれかに該当する方 

  • 医療サービス若しくは介護サービスを受けていない又は中断している
  • 医療サービス又は介護サービスを受けているが、認知症の行動及び心理状況が顕著なため、対応に苦慮している

支援の内容

  • 適切な医療機関の専門医受診にむけた動機づけを行い、継続的な支援につなげる
  • 介護サービスの利用の勧奨・誘導を行う
  • 認知症重症度に応じた助言
  • 身体を整えるケア
  • 生活環境の改善 等

まずは、地域包括支援センターにご相談ください

認知症初期集中支援チームは、地域包括支援センターから連絡を受けて、かかりつけ医や専門医などと連携しながら、医療や介護保険サービスなど適切な支援につないでいきます。

心配ごとや困りごとがありましたら、地域包括支援センターにご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先
長寿介護課 地域包括支援センター

〒411-8668
静岡県駿東郡長泉町中土狩828
電話番号:055-989-5519 ファックス :055-989-5515
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月06日